園の特色

自然と触れ合い、たくさんあそぶ

毎日、近隣の公園にでかけ、思う存分にあそんでいます。

どろんこになったり、水あそびをしたり、木に登ったり、おにごっこをしたり。

木の実を集めたり、昆虫などの生き物を探したり。

あそびこむ中で、やる気、粘り強さ、探求していく力、危険を予知する力なども身につけていきます。

 

 

(よく行く公園)

主に富士見第一街区公園、東野北公園、弁天ふれあいの森公園に行きます。

にじぐみになると自分の足であるいて弁天まで行けるようになります。

他にも、こどもの広場、浦安公園、総合公園、中央公園、運動公園などさまざまな公園に出かけます。

もりぐみになると、雨の日も、レインウェアを着て外で遊ぶことがあります。

(園バス)

季節に応じた自然と触れ合える公園が市内にはたくさんあります。

園バスもあるので、市内のいろいろな公園にでかけることも出来ます。

 

(テラス)

ビルの2階にある保育園ですが、保育室につながる専用のテラスがあります。

子どもたちがあそべるエリアの他に、金柑やブルーベリーなど実のなる木もあるグリーンエリアがあります。

テラスでは砂場あそびや鉄棒、三輪車、水あそび、おいかけっこ、タイヤあそびなどしています。

どの部屋からもテラスにでることができます。

 

(森のようちえん)

もりぐみ(3歳児から5歳児)になると、課外活動として、野外保育「森のようちえん」の活動を取り入れます。

月に1回、園で用意したお弁当を持って、朝から昼過ぎまでたっぷりと、野外であそびます。

季節に応じた自然と触れ合える環境にも配慮し、五感への刺激をいっぱい受けて、豊かな心と丈夫な身体をつくります。

 

【参考:森のようちえん】

1950年代に北欧ではじまった野外保育の取組みです。日本では自然体験活動を基軸にした子育て・保育、乳児・幼少期教育の総称とされています。
当団体では、2013年より浦安で園舎を持たない野外保育活動として「森のようちえん」に取り組んできました。
こどものじかん保育園でも、こどもの年齢に応じた「森のようちえん」の活動を行います。

※【森】は森だけでなく、海や川や野山、里山、畑、都市公園など、広義にとらえた自然体験をするフィールドを指します。
※【ようちえん】は幼稚園だけでなく、保育園、託児所、学童保育、自主保育、自然学校、育児サークル、子育てサロン・ひろば等が含まれ乳児・幼少期の子ども達を対象とした自然体験活動を指します。
※  参考:
森のようちえん全国ネットワーク連盟HP http://www.morinoyouchien.org/